★「観光コーディネーター科」まちあるきツアーのご案内!

A´ワーク創造館にて、1月~3月開講中の基金訓練
「観光コーディネーター科」の授業の一環として、
自分たちでツアーを企画・実施するという試みを行います。
これまでの授業の中で学んできた、
「観光を切り口にまちづくりにとりくむ」という目的のもと、
地元大阪を盛り上げるためのまちあるきツアーを企画しました。

今回、2グループにわかれ、
それぞれにPRしたいスポットを題材にツアーを考えました。
このツアーに興味を持たれた方でしたら、どなたでもご参加いただけます。
参加費は無料です。
是非ぜひ、ふるってご参加ください。

①午前の部

水都大阪の母なる水脈復活の兆し~七水・七坂・七光巡り~

知られているようで知られていない大阪の名所のうち、
「水」をテーマに絞って、ツアーを企画しました。
地下鉄工事により枯れたり水量が落ちたと言われていた天王寺七名水・・・
しかし現在、「金龍の水」が復活し、
「かんしずめの井」も実は湧いているということが確認され、
水脈復活の兆しと捉えました。
私達は残りの五つの名水の復活も期待し、
このツアーで少しでも多くの人に関心を持ってもらい、
水都大阪の再生のきっかけになればいいと思っています。
また、天王寺の「七坂」、
そしてパワースポットやラッキースポットとして知られる「七光」も、
同時にご案内します。

・日時:2011年3月27日(日)9時~12時
・場所:四天王寺と夕陽丘界隈
・行程:
9時 四天王寺西門前集合 ツアースタート
四天王寺
天王寺七水・七坂巡りへ
お土産を探しながら、夕陽丘からJR天王寺駅へ
12時 JR天王寺駅でツアー終了
・その他参加者への注意事項:
坂道が多い行程になっております。歩きやすい服装で参加して下さい。
特に足元は履きなれた靴で。
雨天決行です。当日の天候によっては雨具の用意もお願いします。
ツアー内で昼食は考えておりません。
トイレ休憩は二か所を予定しています。四天王寺と泰聖寺
・定員:15人
YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image
②午後の部

ミナミの魅力再発見!  ~心斎橋・アメ村・堀江・湊町~

大阪ミナミ(難波界隈)と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
おそらく、道頓堀のネオンやたこ焼き屋、戎橋など
「これぞ大阪!」という、いわゆる一般的な大阪の観光地、
というイメージが浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
しかし実は、ミナミには、
地元の人々の暮らしに密接に関わっているスポットが点在しています。
このツアーでは、賑やかな観光地としてのミナミではなく、
そういった地元民の「くらしの場」としてのミナミを取り上げます。
ミナミに長年住む主婦ガイドの目から見た、
「地元・ミナミ」の魅力とお勧めスポットをめぐり、
今までとは違うミナミの魅力を発見してもらうことがこのツアーのねらいです。

・日時:2011年3月27日(日)13時45分~16時
・行き先:心斎橋~アメ村~南堀江~湊町
・行程:
13時45分 日航ホテル2Fロビー 集合
庭園鑑賞
銭湯「清水湯」
御津八幡宮
南堀江(立花通)
16時  湊町リバープレイス
・定員:15人
・その他参加者への注意事項:
清水湯では外からの見学となり、入館はいたしません。
歩きやすい服装および靴でご参加下さい。
途中、交通量が多い通りもありますので車には十分気をつけてください。
YouTube Preview Image

※お申込み・お問い合わせは、A´ワーク創造館まで
お電話かメールにてご連絡ください。
メールの場合は、参加希望の方全員のご氏名、お電話番号、ご年齢と、
午前のみ参加・午後のみ参加・全日参加のいずれかの希望をご記入の上、
お送りください。
TEL:06-6562-0410
MAIL:sonoda@adash.or.jp

※参加者の方には当日受付の際にご住所、お電話番号をご記入いただくことになります。
ご記入いただいた個人情報は、緊急時の連絡以外の用途には一切使用いたしません。
予めご了承ください。
※18歳以下の方のご参加には、保護者の方のご同伴をお願いします。
※ツアー参加の際、配慮が必要な方は、お申込みの際にその旨お知らせください。
また、車椅子にてご参加の方は、恐縮ですが介助者の方にご同行願います。
※まちあるきの際は、住宅街のプライバシーに十分ご配慮ください。
個人の住居など私的な場所では無断の写真撮影は禁止です。
住宅地や住居内など、私的な場所での大声は慎みましょう。

私達は「観光とは国の光を観ること」と考えます。
今回訪れる場所は、いずれも素朴でどこか懐かしいわが町の「光」です。
今回のツアーで参加者のみなさんにも独自の「光」を
見つけていただければと願っています。

コメントは停止中です。