IoT超入門~Arduinoを使った遠隔操作

Arduinoを使い(マイコンボードは互換性のあるESPr(R) Oneを使用)、IoTの仕組みをどのように構築するか、ということの基本を学びます。
スマートフォンなどのデバイスから、実際にWi-Fiでwebサーバーを経由し、ハードウェアを遠隔で制御するための仕組みを実際に構築します。Wi-Fiモジュールの付いたESPr(R) One1台付き。
*この講座ではノートパソコンが必要となりますので、ご持参ください。

 

講座No. 22-1131
講座名 IoT超入門~Arduinoを使った遠隔操作
日程 8月6日
曜日
時間 10:00~17:00
回数 1
定員 20
受講料
(うち教材費等)
\16,121(税込)
(\6,882)

 

■講師

・吉田卓史/株式会社チアーズ
・四元徹/共立電子産業株式会社

■授業内容と今回の制作物について

授業では、Arduinoを利用するのが初めてという方のために、冒頭でArduinoがどういうものか、について基本的な解説からスタートします。
その後は実際にプログラムを書いて、動作をさせていく練習問題にチャレンジしていただきます。一番の基本を理解していただくために、ボードとLEDを直接繋げるだけのシンプルな「Lチカ」(LEDを光らせる)から始めて、最終的には下記の図のような「ボード&センサー」「webサーバー」「ブラウザ」の3つがWiFi経由で繋がる仕組みを作ってみます。

今回は、Co2センサーをボードに取り付けて、感知したCo2の量をwebサーバーに定期的に送信して記録させ、タブレットなどのブラウザからその記録されたデータを制御する、という装置を作成します。「超入門」ということで、基本的な仕組みの構築を体験していただけます。この仕組みを例にして、様々なパターンを作っていくことができます。

■スキルチェック

講座のレベル感の目安として、最低限のスキルチェックリストです。以下の項目に「全てチェックがついた方」であれば、問題なくご受講いただけるレベル感の講座となっております。

□ パソコンでの文字入力は特に不自由なくサクサクできる
□ 文字の入力ミスの訂正(ミスの発見から修正まで)がスムーズにできる
□ ソフトウェアのインストールやアンインストールが自分でできる

 

コメントは受け付けていません。